リフォーム

27お母さん、食欲には限度があるんですよ

夫の母は料理好き。おもてなし好き。
数年前まではいつもお友達や親戚がおり、笑いの絶えないお宅でした。しかし現在、義父が病気のため食事制限をしているため、訪問する人が激減(義母が義父の食べられない料理を出すのでお客さんは義父に遠慮して来なくなってしまいました。
)義母が作った料理も食べる量が決まっているために残りがちで、義母はストレスが溜まっている様子。遊びに行くたびに「食べなさい」攻撃が始まります。
今の標的は、小学3年生の孫(男子)朝から晩まで、息子の顔を見るたびに「ツンくんお腹空いてない?おばあちゃん唐揚げあげたよ!」(朝6時)「ツンくん、おばあちゃんいももち作ったよ!」(朝9時もちろん朝食後)「ツンくん!ツンくん!食べなさい、おなかすていない?」が止みません。私がやんわり断っても夫がきつく言っても義父が叱っても孫が「もういらない」と怒っても義母は止まりません。本気で認知症を心配するくらい「食べなさい食べなさい」正直困ってしましました。それでも息子は優しいおばあちゃんを知っています。穏やかなおじいちゃんが、面倒見の良いおばあちゃんが大好きです。だからどんなにしつこくされても息子は「おばあちゃんを嫌いになれない」と言っていました。そんな折、夫の年の離れた妹が妊娠。息子にとって幸いなことに義母の目はそちらに向きました。義妹はさすがは娘、義母の扱いは心得ている、とばかりに「食べなさい」攻撃をかわしていました
よかった、と思いつつ、義妹が出産したらまた元に戻るんじゃないのかな、と心配していたら義妹が私に心強い一言をくれました。
「大丈夫、お姉さん。
お母さんの『食べなさい』は私がなんとかしてあげるから。その代わりお下がりよろしく!」ありがとう、義妹ちゃん。私も息子も義妹ちゃんのお母さんあしらいを身につけるね!。
和式トイレから洋式トイレ

Tagged

Posted by on .